毎週月曜朝5:00~ jMatsuzakiとF太がお届けする「朝専用」「ながら聴き専用」ラジオ配信中

個人的にオススメな、「脳に効くカフェインと糖分の摂り方」

カフェイン 生活・ライフスタイル

コーヒーが好き(というかカフェインが好き)なので、個人的にオススメな、「脳に効くカフェインと糖分の摂り方」をご紹介。

スポンサーリンク

糖分とカフェインは、一気に摂ると逆効果

カフェインも糖分も、摂り方によって結構気分やパフォーマンスへ与える影響って変わってくると思う。

糖分は一気に摂るとだるくなる。これは、糖分の血中濃度を一気に上げ過ぎると、身体がびっくりしてブレーキをかけるから。
せっかく脳に必要だからといって摂取した糖分も、摂り方によっては逆にパフォーマンスをさげてしまうことになる。
ミネラルウォーターも交互に飲むとかして、一気に体内の糖分濃度を上げないように意識するのがおすすめ。

カフェインも一気に摂ると、最初の30分位は確かにぐっと集中力が高まるんだけど、その後、段々不安感が高まってくる。

結論としては、どちらもゆっくり吸収されるように意識して、計画的に摂る方が少量で効果が高まる。

お米はできるだけ後から口にする

また、ランチでもこの事を意識すると、午後のパフォーマンスが大分変わってくる。
身体は、胃に入ってきた順番に消化を始める。
先に炭水化物(=糖分)を口にすると、やっぱりいきなり血中濃度をあげちゃうので、白米やパン、麺などは、できるだけ後から口にする。
これだけで結構違う。

カフェインが目的なら、むしろコーヒー以外の摂り方もアリ

緑茶や紅茶はコーヒーよりもカフェインが多く含まれているけど、同時にカフェインの効果を抑制する成分も含まれているので、コーヒーよりもまろやかに集中できる。

あるいはカフェインの効果を期待するなら、いっそ錠剤の方が使い勝手が良い。

カフェインよく摂る人にオススメの漢方薬

結構有名な話かと思ってたけど、そうでもないようなのでちょっとご紹介。
紅茶やコーヒーをよく飲む人は、御岳百草丸っていう胃腸薬がオススメだよっていうお話です。

コーヒーや紅茶をよく飲む人は、日常にカフェインを沢山摂ってるってことになるんだけど、
カフェインを摂り過ぎると、コルチゾールっていう、ホルモン物質が体内に発生する。

コルチゾールはストレスを感じることでも発生する物質で、蓄積すると、記憶力の低下、イライラを引き起こしたり、肥満になりやすくなったりする。

このコルチゾールの分泌を抑制する効果があるオウバクコウボクといった成分が、御岳百草丸には豊富に含まれていて、しかもコストパフォーマンスが良いということで、コルチゾール対策として、有名に。

そこまで仰々しく成分名を上げて説明しなくても、長野県ではわりとメジャーな胃腸薬として有名らしい。

自分も、たしかにカフェインを摂ったあとの不安感、焦燥感みたいなのがやわらぐので、愛飲しています。

安いし普通に薬局でも売ってるところもあるし、ネットでも買えるので、日常的にカフェインを摂る人にはけっこうオススメしてます。

ひらめきラジオ

カフェインの効能を最大限に引き出す方法を、jMatsuzakiと話しています。

The following two tabs change content below.
F太
考えるのが好きなねこ。緊張した気持ちをふぅっと楽にしたり、ほんの少し勇気がわくような、そんな思考や情報をツイートします。
心地のいい思考の流れをデザインしたい。
トップへ戻る